あつぎ美容クリニック

診療時間8~17:00 予約制 tel.046-210-3222 女性専用
メール相談
痩身

GLP-1(リラグルチド)

GLP-1というホルモンを注射することで、痩せやすい体質にするダイエット治療です。
GLP-1は中枢神経に作用して食欲を抑え、食べ過ぎを防ぎます。また、胃の働きをゆるやかにして、満腹感を得やすくします。
治療を続けることで、体内のGLP-1濃度が上がり、太りにくい体質になります。
皮下脂肪を減らす脂肪吸引や脂肪溶解注射とは異なり、内臓脂肪を減らすことができます。
GLP-1は「痩せるホルモン」とも呼ばれ、欧米では抗肥満薬として承認されています。

GLP-1とは

GLP-1は、体内で作られる消化管ホルモンで、インスリンの分泌を促し、血糖値を下げる働きをしています。
GLP-1の分泌量は、個人差があります。
GLP-1の分泌量が少ない人は、胃腸の消化・吸収が早く、満腹感を得にくく、太りやすい傾向があります。
GLP-1の分泌量が多い人は、胃腸の消化・吸収が遅く、満腹感を得やすく、太りにくい傾向があります。

サクセンダとビクトーザは同じ成分ですが、サクセンダの方が投与目盛りが大きいので、導入が速く、最高投与量も多くできます。
体格が小さい方、吐き気などの副作用が心配な方は、ビクトーザの方が導入が穏やかです。

治療の流れ
診察
医師が状態を診察し、ご希望や体質、食生活等に合った治療を提案します。お悩みやご不明な点など、お気軽にご相談ください。
採血
初回は血液検査を行います(別途料金)。
次回予約
次回の予約をしていただきます。
注射
注射は定期的に、ご自身でご自宅にて行っていただく治療です。
初回の注射は医師が指導いたしますので、クリニックで行います。
細くて短い注射針なので痛みは少なく、慣れると数分で行うことができます。
再来院
注射針回収のため、再来院は必須となります。
副作用等、医師が経過や状態を確認し、問題がなければ治療を継続します。

効果

食欲抑制

施術時間

数分程度

痛み

細くて短い注射針なので、通常の注射針よりは痛みは少ないです。

術後

日常生活の制限は特にありません。
異常を感じた場合は投与を中止し、医師にご相談ください。

経過・副作用

使い初めに便秘、下痢、胃の不快感等の消化器症状が出ることがありますが、通常は数日から数週間で改善します。水分補給を充分にし、脱水状態にならないように注意してください。症状が長く続く場合は、医師にご相談ください。

注意点・治療のリスク

腸閉塞の既往、腸手術の既往、糖尿病、膵炎、授乳中、妊娠中の方には処方できません。
注射部位に赤み、腫れ、痒み、内出血が出ることがあります。
高度の便秘、腹部膨満、持続する腹痛、嘔吐等の異常が認められた場合は、投与を中止して医師にご相談ください。
臨床用量の8倍をラットに投与した結果、リラグルチドは統計学的に有意に甲状腺腫瘍を増加させたが、ヒトでの増加については不明であると米国で報告されています。副作用のない薬はありませんので、できるだけ薬剤の使用頻度は減らし、運動や食事を主体にした減量を心がけてください。

メーカーサイト

一覧へ戻る