あつぎ美容クリニック

診療時間8~17:00 予約制 tel.046-210-3222 女性専用
メール相談
目の下・クマ

目の下脂肪再配置(裏ハムラ法)

目の下脂肪再配置(通称「裏ハムラ法」)で行う目のクマ・たるみ治療です。膨らみや凹みによるクマ・たるみを改善します。

経結膜的眼窩脂肪移行術とは

目立つ目の下の溝を緩和する、皮膚側を切らない手術です。皮膚と骨の間にある靭帯(Tear trough ligament)に遮られて、眼窩脂肪が突出して生じる目の下の溝を平らに近づけます。下まぶたの裏側から、靭帯を処理して、解放した脂肪を敷き詰め、CPF(Capuslo-palpebral fascia)を補強して縫合します(Septal Reset)。眼窩脂肪を切り捨てないので、脱脂に比べて窪みが自然な仕上がりになります。脂肪注入の定着差や目を細めた時のふくらみを回避できます。また、皮膚を切らないので傷跡が残りません。

効果

目のクマ、目袋、目の下のたるみが改善します。

施術時間

1時間程度

痛み

目薬や注射の麻酔を使用します。

術後

施術当日にご帰宅可能です。1週間ほどは施術部位の擦り洗いを最小限にし、やさしく行ってください。

経過

数日から2週間ほど内出血による青ずみや黄ばみが出ることがあります。

注意点

この治療は凹凸を改善するものです。皮膚の細かいシワの改善はボトックスやレーザー治療が適しています。併用は可能です。目の下脱脂の既往がある方には適応できません。高齢で皮膚の切除が必要な場合は、目の下たるみとりの適応になります。皮膚の傷は残りませんが、腫れや内出血は出る可能性があります。

一覧へ戻る