あつぎ美容クリニック

診療時間9~18:00 予約制 046-210-3222
メール相談
痩身

レーザースタイリング

脂肪を溶かして引き締める新世代レーザー

レーザースタイリングはサイノシュアー社スマートリポMPX(Triplex)という新型レーザーを使用して行う痩身治療です。
スマートリポMPXは当院が国内初導入しました。

スマートリポMPXは脂肪吸引と同量の脂肪を除去しても内出血や痛みが少なく、より表層の脂肪も細かく融解して皮膚を引き締める効果を併せ持った新世代脂肪融解システムです。

旧型のスマートリポレーザーの5倍の出力があり、2種類のレーザーのブレンド、安全装置などの点で大きく進化しています。

治療を繰り返すことなく痩せる

1回の施術でご希望の部位が細くなります。
あご・ほほ等の脂肪層の薄い部分も治療できるので部分的に痩せられます。
劇的に痩せたい場合は溶けた脂肪を吸引します。

傷跡が小さい

2~5mmの穴を開けてレーザー管を挿入し、レーザーの熱で脂肪を溶かします。傷は小さく、通常は抜糸が不要です。
溶けた脂肪は老廃物として処理されますが、直後に穏やかに吸い出して排出を補助します。

傷の位置は、おへそやお尻のシワ、肘のシワ、アンダーヘアの中など目立ちにくい場所を選択します。

コラーゲン増成でタルミ軽減

従来の脂肪吸引では、ご高齢の方や大量に吸引される方は皮膚のタルミが出るため、手術の際に同時にタルミとりの手術を行う必要がありました。

スマートリポMPXはコラーゲンの増生を促進し、皮膚が引き締まります。このためタルミとりの手術を併用しなくても済むようになり、仕上がりも美しく、料金も安くなってより多くの方に治療を受けていただけるようになりました。

証明された安全性

スマートリポMPXは米国FDAの認可を受けています。
FDAとはアメリカ食品医薬品局(Food and Drug Administration)の略で、消費者が生活するに当たって接する機会のある製品について、その許可や違反品の取締りなどを専門的に行う政府機関です。

日本では厚生労働省がこれに当たります。
美容医療界では海外から輸入された新しい医療技術に対する厚生労働省の認可が遅いため、信頼できる安全性の指標として認識されています。

さらなるバージョンアップ

2009年8月、当院のレーザースタイリングは、サイノシュアー社により国内初のバージョンアップが行われました。
一つは出力増強で、旧型レーザースタイリングの30Wから46Wに進化しました。旧型スマートリポは6Wでしたので、約8倍となり、徒歩と自動車くらいの速度差です。

もう一つは安全面で、体内式の温度センサーによる制御が追加されました (ThemaGuide サーマガイド)。術者の技量に影響されない、均一で安全なエネルギーの照射を補助します。

2010年12月、さらなるモデルチェンジが行われました。
搭載レーザーを2種から3種類に増やしたTriplex(トリプレックス)になり、組織の引締めや脂肪融解の効率がさらに高まりました。
レーザーの種類、出力、周波数の組合せを変えられるので、一人一人の状態や要望にあったオーダーメイド治 療が可能です。

2014年、セルレイズ(セルライト治療機能)の追加と、顔面や腋臭の治療に適したサイドレイズ800(細いファイバー、レーザーディファイン/PresicionTx)が追加されました。

効果

1回の施術でご希望の部位が細くなります。
あご・ほほ等の脂肪層の薄い部分も治療できるので部分的に痩せられます。

施術時間

10分~3時間程度

痛み

麻酔を使用するので手術の痛みはありません。
手術後は痛み止めを処方します。

術後

日帰り治療ですので、手術当日にご帰宅可能です。

経過

内出血による青ずみ・黄ばみが出ることがありますが、時間とともに改善します。
直後から細くなりますが、溶けた脂肪が数ヶ月かけて吸収・排泄されるため、数カ月でさらに細くなります。

注意点

圧迫サポーターは出血予防のため必ず数日はつけて下さい。
その後も数カ月つけ続けることで、皮膚の凹凸やたるみを減らし、仕上がりを美しくします。

施術の流れ

  • ご希望と状態にあった麻酔を使用します。
  • 目立たない場所を2~5mm切開して管を挿入します。
  • 脂肪やセルライト層にレーザーを照射して溶かします。
  • 切開した傷を縫合またはテープで固定します。
  • 吸引した部分をサポーターや包帯で圧迫固定します。
  • 麻酔が十分に覚めたら終了です。

一覧へ戻る