あつぎ美容クリニック

診療時間9~18:00 予約制 046-210-3222
メール相談
痩身

アキュリフト

脂肪を溶かすレーザー痩身

アキュリフトはルートロニック社のアキュスカルプIIという新型レーザーを使用して行う小顔・タルミとり治療です。
目立ちにくい場所を2~5mm切開して極細のレーザー管を挿入し、レーザーの熱で脂肪を溶かします。コラーゲンの増生が促進されて皮膚が引き締まり、タルミが改善します。
治療日に帰宅する際も、バンドや包帯のような固定は不要です。

新型レーザーを使用

アキュスカルプIIは当院が2009年に国内初導入しました。
1444nmという波長のレーザーが脂肪や水に効率良く吸収されるので、低出力、短時間で脂肪を溶かして皮膚を引き締めることができます。
また、周囲への熱拡散が少ないので、他の脂肪融解レーザーに比べて安全かつ回復が早いことが特徴です。

傷跡が小さい

2~5mmの穴を開けて極細のレーザー管を挿入し、レーザーの熱で脂肪を溶かします。
傷は小さく、通常は抜糸が不要です。
溶けた脂肪は老廃物として処理されますが、直後に穏やかに吸い出して排出を補助します。
位置は目立ちにくい場所を相談して選択します。

FDA認可の安全性

アキュスカルプIIは米国FDAの認可を受けています。
FDAとはアメリカ食品医薬品局(Food and Drug Administration)の略で、消費者が生活するに当たって接する機会のある製品について、その許可や違反品の取締りなどを専門的に行う政府機関です。日本では厚生労働省がこれに当たります。
美容医療界では海外から輸入された新しい医療技術に対する厚生労働省の認可が遅いため、信頼できる安全性の指標として認識されています。

注入物除去の新治療

アキュスカルプの波長は細かい部位の治療に適しているため、注入された脂肪やフィラーを除去したい場合にも有効です。
今までの注入物除去治療は切開が必要でしたが、アキュスカルプの使用により針穴程度の傷から直接注入物を融解することが可能になりました。

※診察により治療効果が患者様のご希望に添えないと予測された結果、治療がご案内できない場合もございます。予めご了承ください。

施術の流れ

  • ご希望と状態にあった麻酔を使用します。
  • 目立ちにくい場所を2~5mm切開して管を挿入します。
  • 脂肪やセルライト層にレーザーを照射して溶かします。
  • 切開した傷を縫合またはテープで固定します。
  • 吸引した部分をサポーターや包帯で圧迫固定します。
  • 麻酔が十分に覚めたら終了です。

一覧へ戻る