あつぎ美容クリニック

診療時間8~17:00 予約制 tel.046-210-3222 女性専用
メール相談
診療内容・料金

筋肉縮小ボトックス注射のリスク、トラブル一覧

A) 感染(化膿)

術後、熱感・痛み・腫れ・赤みが増す、あるいは長引く場合には感染が疑われます。

対応
感染が起きた場合、内服薬服用や抗生剤を投与して経過をみます。ごく稀に、感染が酷い場合は、切開して膿を出すことが必要です。

B) 耐性

稀に体質により、ボトックス注射を繰り返すうちにボトックスに対して耐性が生じ、効果が出なくなることがあります。

対応
ボトックス製剤は数種類あります。一つの製材に耐性ができても、他の製剤で対応できる場合があります。

C) 違和感・硬いものが噛めない

エラ注射において、咬筋が動かなくなることにより一時的に違和感が出ます。硬いものを噛み砕けなくなることがあります。

対応
1カ月ほどお待ち下さい。

D) 口がゆがむ・表情の左右差が出る

エラ注射において、ボトックスが咬肉だけでなく口元の筋肉に広がると、口のゆがみ、表情の左右差が出ることがあります。

対応
ボトックスの効果を弱くするアセチルコリン注入を行います。1~3カ月、ボトックスの効果が減少するのを待ちます。

E) 頬がこけて見える・たるんで見える

咬筋が痩せると、頬がこけて見えることがあります。また、エラが小さくなると頬がたるんで見えることがあります。

対応
頬のコケが気になる場合、ボトックスの効果が消失するまで1年ほど待つと元に戻ります。頬骨の下の凹みを目立たなくする場合、ヒアルロン酸を注入して膨らませます。次回エラにボトックス注射を受ける際には、咬筋の下半分に限局して注射をすると、頬骨の下の凹みを減らすことができます。タルミ修正の場合、糸のリフトやフェイスリフトをおすすめします。

F) 効果が物足りない

効果には個人差があります。筋肉のボリュームが大きな人ほど縮小効果が大きくなり、筋肉が小さい人ほど効果も小さくなります。

対応
効果には個人差があり、ご希望通りにならないことがありますので予めご了承下さい。エラ注射において、エラの骨が出っ張っている場合、エラの骨削りをおすすめします。

診療一覧へ戻る