あつぎ美容クリニック

診療時間9〜18:00 予約制 046-210-3222
メール相談
目もと・二重

たれ目形成(下眼瞼下制、グラマラスライン)

下瞼を切開してタレ目にする手術です。
下瞼の中央から目尻にかけて目の開きが大きくなり、ぱっちりします。
術式には固定部位や皮膚切開の有無による違いがあります。

内側法(CPF:capsulo-palpebral fascia固定法)

下瞼の内側を切開して縫い合わせます。
瞼の裏側のみ手術するので表に傷跡が残りません。

施術時間

片側20分程度

痛み

局所麻酔や目薬の麻酔を使用して痛みを抑えます。
ご希望に応じてガス麻酔やその他の麻酔が追加できます。

術後

抜糸は不要で、施術当日からメイクや洗顔が可能です。

経過

術後数日から数週間ほど、腫れ、内出血、血液の混じった涙、結膜の赤みが出ることがあります。

注意点

もともとの左右差は手術で解消されないことがあります。
外側を切る方法に比べ、戻りがあり、持続力が劣ります。逆さまつ毛が発生します。
下げられる程度には、くぼみ目などの骨格的限度や、目の乾燥など医学的な安全面の限度があります。
引き下げる特殊な治療なので、一般にタルミが気になる年代の方には向かない場合があります。

内側+外側法(CPF固定+皮膚切除)

内側法のみでは睫毛が立ってしまう方に対して、内側法と同時または後日に追加します。
下瞼の中央から目尻にかけて皮膚を切除して縫い合わせます。
OS法に比べて、筋肉の切除が無く皮膚の切除量が少ないので、傷の凹みや段差が少なく目立ちにくい、外反のリスクが少ないといった利点があります。

施術時間

30分程度

痛み

局所麻酔や目薬の麻酔を使用して痛みを抑えます。
ご希望に応じてガス麻酔やその他の麻酔が追加できます。

術後

抜糸に4〜7日程度かかります。
施術当日からメイクや洗顔が可能です。

経過

術後数日から2週間ほど腫れや内出血の青ずみや黄ばみが出ることがあります。
傷の赤みや硬さは次第に改善します。

注意点

もともとの左右差は手術で解消されないことがあります。
下げられる程度には、くぼみ目などの骨格的限度や、目の乾燥など医学的な安全面の限度があります。引き下げる特殊な治療なので、一般にタルミが気になる年代の方には向かない場合があります。

外側法(OS:Orbital septum固定法)

外側を切開する必要がありますが、CPF法のように粘膜側を操作しないので、結膜の腫れや睫毛の内反が出ないことが利点です。
CPF固定に比べ、暫く傷が目立ち外反が出やすい欠点がありますが、何らかの事情で内側の処理ができない方に適応する方法です。

施術時間

30分程度

痛み

局所麻酔や目薬の麻酔を使用して痛みを抑えます。
ご希望に応じてガス麻酔やその他の麻酔が追加できます。

術後

抜糸に4〜7日程度かかります。
施術当日からメイクや洗顔が可能です。

経過

術後数日から2週間ほど腫れや内出血の青ずみや黄ばみが出ることがあります。
傷の赤みや硬さは次第に改善します。

注意点

もともとの左右差は手術で解消されないことがあります。
下げられる程度には、くぼみ目などの骨格的限度や、目の乾燥など医学的な安全面の限度があります。引き下げる特殊な治療なので、一般にタルミが気になる年代の方には向かない場合があります。

※美容外科は病気の治療と異なり、診察によってお客様のご希望に添えないと予測された結果、治療できない場合もございます。予めご了承ください。

一覧へ戻る