レーザー脱毛

レーザー脱毛の仕組みと効果

医療用レーザー脱毛は、レーザーが黒色に反応する特性を利用し、成長期の毛にレーザーを照射することで、毛根を焼却して脱毛効果を得ます。脱毛の効果は毎回同じように出る訳ではなく、効果は毛量や毛質によって異なり、照射する部位によっても異なります。また、効果には個人差があります。
一般的に効果が出やすい部位は、ワキ・Vラインなど毛が太くて濃い箇所です。太い毛の方がレーザーで十分な熱量を与えることができるため、毛根を焼却しや すくなります。背中・二の腕・胸・お腹など毛が細くて毛の色が薄い部位に比べ、目に見えて毛が減るため、効果を実感しやすい部位です。

治療の詳細へ戻る


  • 料金を見る
  • 症例写真を見る
  • Q&A

一覧へ戻る



このページのトップへ


ピックアップメニュー



診療一覧

  • しわ
  • たるみ
  • しみ
  • 目の下・クマ
  • レーザー脱毛
  • 痩身
  • 胸
  • 美肌
  • 肝斑・色素沈着
  • 毛穴
  • ニキビ
  • ほくろ・いぼ
  • 手の若返り
  • 赤ら顔・毛細血管
  • 美容点滴
  • 目もと・二重
  • 鼻
  • 口
  • ピアス・耳
  • フェイスライン・輪郭
  • ワキガ・スソワキガ
  • ワキ汗・多汗
  • 育毛・まつ毛
  • 脂肪注入
  • メディカルエステ
  • 刺青とり
  • 注入物の除去
  • あざ
  • 婦人科
  • 傷痕・妊娠線
  • お尻
  • 麻酔
  • 院内処方
  • 医院専売化粧品
  • 診察・カウンセリング
  • その他