あつぎ美容クリニック

診療時間9〜18:00 予約制 046-210-3222
メール相談
肝斑・色素沈着

肝斑(かんぱん)とは

女性に多く見られるシミの一種で、加齢や日焼け・炎症などによる他のシミとは原因や治療法が異なります。

特徴

左右対称にほぼ同じ大きさ、同じ形で現れます。頬骨のあたりに現れることが多く、輪郭がはっきりせず、もやっと広がります。額や口の周辺にできることもあります。

発症する時期

30〜40代の女性に多く現れます。症状が見られるのは50代後半までで、高齢者ではほとんど発症しません。

原因

女性に多く、妊娠や経口避妊薬(ピル)によって発症することがあるので、女性ホルモンとの関連が指摘されています。紫外線、過度の刺激、ストレスなども関係していると考えられていますが、原因ははっきりしていません。

チェックリスト

以下の項目に該当する数が多い方は肝斑の可能性があります。お早めに医師にご相談ください。

□30〜40代で突然シミができた
□シミが頬骨や目尻の下にある
□シミが左右対称にある
□シミの形がはっきりしない
□季節によってシミの濃さが変わる
□妊娠したことがある、または経口避妊薬を服用している
□紫外線対策やビタミン補給では効果が出ない
□顔のマッサージをよくやる
□ストレスが多い

治療

これまで肝斑には特別な治療法がなく、治りにくいとされていましたが、マックストーニングが開発されてからは即効性のある治療が可能になりました。

一覧へ戻る