あつぎ美容クリニック

診療時間9〜18:00 予約制 046-210-3222
メール相談
ほくろ・いぼ

汗管腫

汗管腫とは、汗を出す管である汗管が増殖してできた良性の皮膚腫瘍です。目の周り、特に目の下にたくさんできることが多く、思春期以降の女性に多く見られる病気です。大きさは1〜5mm程度で、肌と同じ色や淡い褐色をしています。

治療法

米国FDAが認可したeCO2 premium(エコツープレミアム)というアブレイティブ・フラクショナルレーザーを使用します。汗管腫の隆起を周りの皮膚と同じ高さに整えることで目立たなくなります。

効果

レーザーを瞬間的に多数照射して皮膚に深さ0.12mmの微細な穴を開け、肌の自然な再生を促進し、穴が治癒する際に皮膚が収縮することで凹凸をぼかします。同時にフラクショナルアブレージョンにより皮膚を削ることで、凹凸が滑らかになります。1ヵ月おきの治療をお勧めします。

施術時間

10分程度

痛み

ご希望に応じて塗る麻酔を使用します。個人差がありますが、チクチクとした刺激を感じる場合があります。

術後

翌日から洗顔・メイクが可能です。

経過

治療当日は赤みが強く、点状の出血が生じることがあります。肌質によりますが、4〜5日でメイクで隠れる程度に回復し、1〜2週間ほどで治ります。

注意点

治療後24時間は洗顔ができません。治療中の日焼け・海水浴は避けてください。SPF30・PA++以上の日焼け止めを使用してください。

施術の流れ

  • カウンセリングで医師が症状や健康状態を確認します。
  • メイクを落とします。洗顔料やタオルは当院で用意しています。
  • 塗る麻酔を使用する場合は、麻酔が浸透するまで30分ほど待ちます。
  • レーザーを照射します。
  • 効果を高める薬剤を導入し、ガーゼで冷却して終了です。

一覧へ戻る