ホーム診療内容・料金あざ > 代表的なアザの種類


あざ

代表的なアザの種類

太田母斑(青あざ)

目の周囲に多く見られ、青色の小さな点が集まった形状をしています。悪性化はしませんが、自然に消えることはありません。出生直後から目立つ場合と、思春期頃から目立つ場合があります。

異所性蒙古斑(青あざ)

おしり以外の場所にできる蒙古斑です。悪性化することはなく、自然に消える場合もありますが、消えない、もしくは長期間消えない場合もあります。濃い場合は治療をおすすめします。

扁平母斑(茶あざ)

体の様々な部位に見られる茶色の扁平な斑です。生まれつきの場合が多いですが、思春期に発生することもあります。悪性化することはありませんが、自然には消えません。レックリングハウゼン病の可能性もありますので、お早めに診察をお受け下さい。

外傷性色素沈着

怪我をした後、皮膚に色が残る症状です。皮膚の中に異物が入った状態で皮膚が再生し、刺青のように色が残ります。


一覧へ戻る



このページのトップへ


ピックアップメニュー



診療一覧

  • しわ
  • たるみ
  • しみ
  • 目の下・クマ
  • レーザー脱毛
  • 痩身
  • 胸
  • 美肌
  • 肝斑・色素沈着
  • 毛穴
  • ニキビ
  • ほくろ・いぼ
  • 手の若返り
  • 赤ら顔・毛細血管
  • 美容点滴
  • 目もと・二重
  • 鼻
  • 口
  • ピアス・耳
  • フェイスライン・輪郭
  • ワキガ・スソワキガ
  • ワキ汗・多汗
  • 育毛・まつ毛
  • 脂肪注入
  • メディカルエステ
  • 刺青とり
  • 注入物の除去
  • あざ
  • 婦人科
  • 傷痕・妊娠線
  • お尻
  • 麻酔
  • 院内処方
  • 医院専売化粧品
  • 診察・カウンセリング
  • その他