ホーム > はじめての美容外科


はじめての美容外科

美容外科はどんなところ? 美容外科でできること 自診療と保険診療 治療はどんなふうに受けるの? 美容外科は整形外科? 美容医療を受ける際の心構え 美容外科の歴史

美容外科はどんなところ?

美容外科は、美容を目的とした医療行為を行う医院です。世間的には「美容整形」というと顔立ちを整える手術のイメージが強いですが、脱毛や美肌治療、ワキガ治療、ホクロ・アザ・刺青の除去など様々な治療を行っています。
一般的に女性の方が男性よりも美容に対する意識が高いので、女性の来院者が多いですが、若い人からご年配の方まで、収入や職業などに関係なく様々な方が幅広く来院されています。

美容外科でできること

美容外科では様々な治療を行っています。
大まかに挙げると、以下のような治療があります。

  • 若返り(タルミ・シミ・シワ・クマの改善など)
  • 美肌(肌のハリ・キメ・美白・ニキビ・毛穴の改善など)
  • 顔を整える(二重・鼻・口・アゴ等の手術や注射など)
  • 体を整える(豊胸・脂肪吸引・痩身治療など)
  • 脱毛・育毛(レーザー脱毛・まつ毛育毛・頭髪育毛など)
  • その他(ホクロ・イボ・刺青除去・ワキガ・ピアスなど)

詳しくは「診療内容・料金」のページをご覧下さい。



自由診療と保険診療

病気や怪我を治す治療には健康保険が効きますが、健康な人が美容のために受ける治療は保険が効きません。また、薬剤や医療機器は、米国など海外の政府が認可していても、日本では承認待ちなどで厚生労働省の認可が下りていない場合、保険が効きません。
そのため、多くの美容外科では保険診療を行わず、自由診療のみ行っています。保険が適用される症状で来院された方(保険適用で受けた方が費用が安い場合など)には、近隣の大学病院や診療所を紹介しています。

治療はどんなふうに受けるの?

まずは医師に要望を伝えて、状態を診察してもらいます。医師が紹介する治療の説明を聞き、治療のメリット・デメリットやスケジュール、料金に納得がいったら治療を受けます。
治療は診察当日に受けられるものと、検査をしてから後日受けるものがあります。

詳しくは「診療の流れ」のページをご覧下さい。



美容外科は整形外科?

美容外科は、「美容整形」という言葉から整形外科(骨・靭帯・筋肉など運動器の怪我や病気を治す診療科)と混同されがちですが、美容外科に近い診療科は形成外科(切り傷・顔面骨折・口唇口蓋裂・小耳症・火傷・腫瘍・アザ・ワキガなど主に体の表面の変形を治す診療科)です。
美容外科と形成外科の治療は、共通した技術が多くあります。同じ治療でも、健康な人を美しくする目的で行うと美容外科、怪我や病気・先天性の異常を治す目的で行うと形成外科の扱いになります。
日本の法律では、医師免許を持っていればどの科の医師でも、学んだ分野や経験に関係無く、美容外科を標榜することができます(自由標榜制)。そのため、経験や知識の乏しい医師が美容外科医として活動することになり、問題の解決として、美容外科手術の基本である形成外科の習得が求められています。



美容医療を受ける際のチェックポイント

美容医療を受ける際の心構えとして、下記のチェックポイントをご参照下さい。

【美容クリニックに行く前】医療行為は、体への侵襲(生体を傷付けること)行為であることを理解していますか?「どこを、どうしたい」と具体的に説明できますか?治療にいくらかけられるか、確実に支払える予算を立てましたか?形成外科の勉強をした医師であるか確認しましたか?継続通院が必要になるかもしれません。遠方の受診は慎重に考えましたか?【診察時】リスクのない医療はありません。医師は治療のデメリットを説明しましたか?医師から複数の治療法について説明があり、自分の判断で選択しましたか?ささいな質問に対しても医師は丁寧に答えてくれましたか?ダウンタイムを確認し、余裕のあるスケジュールを設定しましたか?最大限かかる費用について納得しましたか?承諾書はすべて読みましたか?サインを急かされていませんか?術後もメンテナンスが必要になるかもしれません。主治医になれる医師を選びましたか?


美容医療の歴史

形成外科の起源は、紀元前6〜7世紀のインドにおいて、鼻を削ぎ落された罪人の鼻を修復するために、額の皮膚を利用して行われた造鼻術に遡ると言われています。
その後、形成外科はヨーロッパに広がり、紀元の頃には、ローマで眼瞼や口唇の手術が行われたことが記録されています。
第二次大戦後、機械化された兵器による戦争で、顔面を損傷するなど多くの戦傷患者が出たことから、形成外科は著しい進歩を遂げました。
日本においては、1956年に東京大学整形外科学教室の中に形成診療班が開設され、現在多くの病院で形成外科が診療されています。
美容外科が大学病院で扱われるようになったのは最近のことで、戦後、美容医療は開業医を中心に行われ、美容外科は1978年に標榜科目として認可されました。
最近は、プチ整形など侵襲の少ない治療によって美容医療へのハードルが低くなりつつあります。
また、アンチエイジングを目的とした若返り治療のニーズが高まっていることから、美容皮膚科を称する医院も増加しています。


ホームページへ戻る




このページのトップへ