ホーム > Q&A



Q&A

よくあるご質問|脂肪豊胸について

痩せていても治療できますか?
ご希望のサイズアップに必要な脂肪の量が取れるかどうかによりますが、多くの場合、痩せている方でも十分な皮下脂肪があります。一般的に、脂肪の多い太ももの裏側から吸引します。

授乳後に胸が萎んでしまったのですが豊胸できますか?
脂肪注入は、授乳後のバストアップにも適しています。注入する部位を胸の上部にするなど、現在の乳房の状態に合った方法をご提案します。

入院しなくていいのでしょうか?
日帰りの治療が可能ですので、入院は必要ありません。

治療の時間はどれくらいかかりますか?
吸引する部位や注入量によりますが、消毒や麻酔など術前の準備から施術の終了まで1〜2時間ほどが標準的です。術後は麻酔が覚めるまで休憩していただきます。

施術は痛いですか?
痛みの感じ方には個人差があります。施術中は麻酔を使用しますので、痛みはほとんど感じません。術後数日は、脂肪を吸引した部位に打撲のような痛みを感じることがあります。

手術の傷跡は残りますか?
脂肪注入は注射器で行いますので、傷跡にはなりません。脂肪吸引は目立たない場所を2〜3mm切開しますが、小さな傷ですので目立ちません。

不自然な形にならないですか?
自分の脂肪を注入しますので、形も触った感じも自然な仕上がりになります。

シャワーや入浴はできますか?
シャワーは翌日から可能です。入浴は吸引部位の固定が外れた3日後から可能です。身体全体の血行が良くなると腫れが引きにくくなります。

術後何日くらいで仕事に復帰できますか?
術後数日は筋肉痛や打ち身のような痛みがあります。仕事がデスクワークなど比較的体を動かさない方であれば施術翌日から復帰する方もいらっしゃいますが、立ち仕事などであれば体の負担を考慮して術後2〜3日は休んだ方がよいでしょう。仕事の内容と吸引の部位・量・体格・年齢などによりますので、診察の際にご相談下さい。

術後、運動してもいいですか?
激しい運動は術後2〜3週間くらい様子を見て行なって下さい。

術後どれくらいで脂肪は定着しますか?
術後1週間ほどは麻酔液などにより腫れていますので、仕上りより大きく見えます。1ヶ月ほどは腫れや炎症、内出血等で固い感触がありますが、時間の経過とともに自然な感触に近付きます。定着は2〜3ヵ月で安定します。

術後、気をつけることはありますか?
術後2週間はうつ伏せ寝を避けて下さい。シリコンバッグ豊胸のようなマッサージは必要ありません。脂肪が定着するまでの2〜3ヵ月はマッサージや揉む動作を控えて下さい。術後数カ月は、胸を圧迫しないように、ゆとりのある大きめのブラジャーを着用して下さい。

脂肪注入でしこりができると聞きましたが大丈夫でしょうか?
術後、注入した脂肪が硬くなる時期がありますが、数ヶ月後には柔らかくなります。胸の1箇所から大量の脂肪を注入すると、しこりができやすくなります。しこりのリスクを低減するため、脂肪をバスト全体に分散して少しずつ注入します。

後遺症などの心配はありませんか?
脂肪豊胸は自分の脂肪を胸に注入しますので、異物による後遺症や感染症の心配は他の豊胸方法に比べて少ないです。

できるだけ大きくしたいのですが、何カップまで大きくできますか?
胸郭の形やブラジャーのフィッティングなどによりますので正確にはお答えできませんが、1〜2カップアップを選択される方が多いです。1回の注入量は300〜600ccくらいまでが安全です。体格や年齢、皮膚・皮下脂肪の状態、健康状態などにより限度がありますので、診察の際にご相談下さい。

このページのトップへ