ホーム > Q&A



Q&A

よくあるご質問|脂肪吸引について

脂肪吸引とダイエットの違いは何ですか?
運動や食事制限などのダイエットは、脂肪細胞の大きさをを小さくすることで痩せます。脂肪吸引は脂肪細胞の数を減らすことで痩せます。脂肪細胞の数は生まれつき決まっていて個人差があります。数が多い人は痩せにくく、数が少ない人は太りにくくなります。脂肪吸引は脂肪細胞の数を減らしますので、施術した部位は施術後も太りにくく痩せやすくなります。脂肪吸引はダイエットのように全体的に痩せるのではなく、部分的に細くして体のシルエットを整える治療です。

脂肪吸引後はいくら食べても太りませんか?
施術をした部位は、施術後、太りにくくなります。生まれつきの状態よりも太りにくく痩せやすくなりますが、太らなくなる訳ではありません。

全身、たくさんの箇所を細くしてもらえますか?
施術部位が多い場合は、ダウンタイムを考慮して治療を複数回に分けることがあります。

取り残しがないようにしっかり取ってもらえますか?
手術の際は取り残しがないように入念に確認をします。仕上りを考慮して意図的に脂肪を取らない部分を作ることがあります。例えば、クビレを作るのであれば、お腹全体の脂肪を満遍なく取るのではなく曲線を描くように取る量を調節します。お尻を小さくするのであれば、垂れさがらないように立体的に取る量を調節します。

お腹の肉がつまめなくなるくらい取ってもらえますか?
脂肪は適度に残すことが、美しい仕上りを実現するために必要です。脂肪を残さず取ってしまうと、凹凸が出る、骨や血管が透ける、タルミやシワが出るなど、仕上りに悪影響がありますので、少なくとも肉がつまめるくらいに脂肪は残ります。

女性らしい体系でなくていいので、取れるだけ取ってもらえますか?
脂肪を残さず取ってしまうと、不自然なタルミが出て仕上りがとても悪くなります。取れるだけ取っても、仕上りを美しくするための適度な脂肪は残ります。

何キロくらい体重が減りますか?
施術をしても、体重はほんの少ししか減りません。脂肪吸引は部分的に体のシルエットを変えるので、見た目の変化は大きいですが、脂肪は軽いので見た目ほど体重は変わりません。施術後、吸引した部位は脂肪細胞の数が減っているので、ダイエットの効果は出やすくなります。

失敗、やり残しは補償してもらえますか?
医療機器の不具合等により効果が出ない場合は、手術代不要で再治療いたします。客観的に効果が出ている場合、ご本人の主観による不満足を解消するための補償は行えませんのでご了承下さい。

ばれないように受けられますか?
処置量など施術の内容にもよりますが、術後しばらくは圧迫サポーターをつけて生活します。術後2〜3日はお風呂に入れません。ご家族と同居されている場合は、賛同を得て協力してもらった方がよいとは思いますが、お客様の中には内緒で受けて気付かれない方もいらっしゃいます。

手術は痛いですか?
麻酔をしますので、基本的に手術中の痛みはありません。麻酔の種類はいくつかありますが、眠る麻酔を使用する場合は「目が覚めたら手術が終わっていた」という方が多いです。中には麻酔の影響で多幸感を覚えたり、悪夢を見る方もいらっしゃいますので、事前に麻酔の説明を受ける際に、ご不安な点はご遠慮なくご質問下さい。

術後は痛いですか?
施術の内容や、痛みの感じ方の個人差により異なります。術後は痛み止めを服用しますが、多くの場合、筋肉痛や打撲痛のような痛みがしばらく続きます。痛みを強く感じる場合は、お電話またはご来院にてお気軽にご相談下さい。

術後の圧迫固定はしないといけませんか?
圧迫サポーターは出血予防のため必ず数日はつけて下さい。その後も数カ月つけ続けることで、凹凸やタルミを減らし、仕上がりが美しくなります。術後の着用に関して疑問や不具合がある場合は、お電話にてお問い合わせ下さい。

術後の通院が面倒なので行かなくてもいいですか?
経過診察を強要することはありませんが、通院して状態を診せていただければ、医師が小さなトラブルにも気付くことがあります。適切なアフターケアを行い、回復を早め、仕上りを美しくするために、医師の指示に従ってご来院されることをお勧めします。

吸引後のダウンタイムを短くする方法はありますか?
安静、固定、挙上ができる時間を確保することです。あまり休まず、体を動かすとダウンタイムが長くなります。

仕事はいつから復帰できますか? 運動は? エステは?
仕事・運動・エステの内容と治療の部位・量・体格・年齢などにより異なりますので、診察の際にご相談下さい。

このページのトップへ